忍者ブログ
このブログは生長の家の真理普及のために運営していますが、内容や発言はすべて私個人に責任があります。宗教法人「生長の家」の公式見解ではありませんので、予めご了承ください。 ご不明な点は、shingonsni@gmail.com までお問い合わせください。   (ブログ開設日:平成21年9月15日)
フリーエリア
バーコード
ツイッター連携
Shingon_Sniをフォローしましょう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日(木曜日)は仕事が休みということもあり、スーツの上下を一着、行きつけのクリーニング屋に出しに行きました。

クリーニング屋では、いつも通りの手続きを経て、会計を済ませました。

最後に、店員さんから「仕上がりは月曜日になります」と言われました。

私は、心の中で、「えっ、今日は木曜日だよな? いつも、そんなに時間、かかったっけ!?」と思いました。

クリーニングを出す時間帯にもよりますが、通常は、昼前に出せば、翌日か翌々日の夕方には仕上がります。

別に急いでいるわけではありませんでしたし、私の性格上の問題もあり、特に店員さんに「何でそんなに時間がかかるの?・・・」などと、“確認”はしませんでした。

「月末か何かの関係とか、曜日の“巡り合わせ”の関係か何かで、今回はたまたま時間がかかるのかな?」とか、「クリーニング屋で、何かシステムが変わったのかな? “外部委託”になったとか・・・」などと、帰りがけに少し考えました。

ただ、「この時代に、クリーニングの仕上がりに、そんなに日数がかかって、店として大丈夫かな?」と、内心は思いました。

しかし、考えてみれば、私は、これまで、仕上がり日にクリーニングを取りに行っているわけではなく、店の営業時間(8:00~20:00)と私の通勤時刻の関係もあり、だいたい一週間から十日遅れで取りに行っていることに気づきました。

「私のように、なかなか受け取りに来ない客が“多い”から、あの店の店内は、“受け取り待ち中”のクリーニングで、いつも溢れているわけだし・・・。仕上がりが早い遅い何か、別にどうでもいいか・・・」と思いました。

そもそも、スーツを何着か持っているため、「その一着」が翌日か翌々日に返ってこなければ、着るものがなくて困るというわけでもありません。

また、クリーニングを受け取りに行った翌日に、「その一着」を早速着て、仕事に行っているわけでもありません。

スーツの“ローテーション”を少し変えれば良いだけです。

「はっ!」としました。

いつの間にかサービスに「速さ」を求めてしまっている自分に、気づいたのです。

さらに、その「速さ」を“当たり前”のことと思ってしまっている自分に・・・。

ただ、この「記事」を一通り書き終わって、クリーニングの「お預り票」を、念のために確認しました。

「・・・」

実は、「お預り票」には、「明日金曜日の18時以降の仕上がり」と印字されていたのです。

初めから、“いつも通り”の仕上がりだったのです。

私が店員さんの言葉を聞き間違えたのか、店員さんが外国出身の方だから言い間違えたのか・・・。

確かにサービス等に「速さ」が必要なときもあります。

しかし、吾々現代人は、とかく、日常生活の中で、たいして必要でもないのに、サービス等に「速さ」を過剰に求めてしまってはいないでしょうか?

いつの間にか、特段必要でもないのに、「速いこと」を“当たり前”のことと感じてしまっていることはないでしょうか?

そして、人生にも・・・、食事(食料)にも・・・。

今回のクリーニング屋での出来事を通して、色々と考えさせられました。

拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
まったくです。
速さを競うような仕事をしています。 私も早いことが大切だとおもっていたからそのような環境になっていたのですね。 

それはそうと、落ちがおちて、落ち着きました(笑)
酒井幸江 URL 2010/03/02(Tue)01:17:40 編集
Re:まったくです。
私の場合も、日常生活の中で「速い」ことが当たり前になっていました。しかし、総裁先生のブログを拝読していたことで、クリーニング屋での出来事に直面にし、「はっと!」気付かせていただきました。
>速さを競うような仕事をしています。 私も早いことが大切だとおもっていたからそのような環境になっていたのですね。 
>
>それはそうと、落ちがおちて、落ち着きました(笑)
【2010/03/02 06:34】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ツイッター
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ファンデーション 口コミ
ブログ内検索
最新コメント
[10/20 辻井映貴]
[03/15 てんこ]
[03/02 酒井幸江]
[02/10 高橋 久代]
[02/10 大段 務]
最新トラックバック
カウンター
プロフィール
HN:
近藤 慎介 (こんどう のりゆき)
HP:
性別:
男性
職業:
宗教法人「生長の家」本部職員
趣味:
自分を高めること、読書、サッカー、柔道、英語、認知科学など
自己紹介:
滋賀県出身

東京都在住

千年以上続く、真言宗(高野山真言宗)の寺院(岡山県)の家系に生まれる。

真言宗の僧侶である祖父(権大僧正)と伯父(大僧正)を持つ(ともに大阿闍梨)。

昭和前期に、父方の祖母と母方の祖父が生長の家に触れる。

母より生長の家のみ教えを伝えられ、青少年練成会(小中高生向けの合宿形式のつどい)に参加する。

大学卒業後、民間会社に勤務の後、平成18年5月に宗教法人「生長の家」本部に奉職する。

平成22年3月、本部講師を拝命、現在に至る。

平成22年7月、生長の家教修会(生長の家の学会)で、「今日の自然観(心理学の視点から)」についての発表担当を務める。


<マイツイッター>(ブログ形式)
http://twilog.org/Shingon_Sni



<人生の7つの目標>

1.自分の使命と役割を全うする

2.人間の差別を克服する

3.人類の飢餓を克服する

4.宗教・宗派間の融和を実現する
5.自然と人間との大調和を実現する

6.世界の永久平和を実現する

7.地上極楽浄土を実現する

Template by 楽楽楽生活(ららららいふ) 自宅でアルバイトしよう!/ Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]