忍者ブログ
このブログは生長の家の真理普及のために運営していますが、内容や発言はすべて私個人に責任があります。宗教法人「生長の家」の公式見解ではありませんので、予めご了承ください。 ご不明な点は、shingonsni@gmail.com までお問い合わせください。   (ブログ開設日:平成21年9月15日)
フリーエリア
バーコード
ツイッター連携
Shingon_Sniをフォローしましょう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は、前回の“彼女”とは別の「全力で頑張る彼女」のお話です。

オリンピックのモーグルの予選が、テレビ中継されていました。

前回、紹介した“彼女”が登場する前の時間帯でのことです。

地元・カナダ出身の「彼女」は順調に滑り始めました。

しかし、「エア」を飛んだ後、バランスを崩して、豪快に転倒し、前のめりに倒れ込んでしまったのです。

しかも、転倒する途中で、スキー板が外れてしまいました。、

「これまで何年にもわたり、必死に努力してきたのに、せっかくのオリンピックの舞台で、このような形で“終わって”しまい、さぞかし悔しいだろうな」と、私はその姿を、悲痛な思いで観ていました。

テレビ解説者が言うには、10秒以内に競技を「再開」しなければ、「失格」になってしまうとのこと。

「今さら競技に戻っても、完全にアウトじゃないか! しかも、スキー板が外れてしまっているわけだし!」と、私は思いました。

しかし、「彼女」は倒れたままの状態から、腕を使い、体を滑らせながら、急な斜面を昇っていこうとしたのです。

ルールのせいで、競技場の「雪上」で立ち上がってはいけないからでしょうか?

数メートル上のスキー板があるところまで、仰向けのまま、頭部を下側に向け、両腕を使って、必死に急な勾配を登ろうとする「彼女」。痛々しささえ伝わってきました

私は、息をのんで、画面を観ていました。

何とかスキー板があるところまで戻り、スキー板を急いで着用する「彼女」。

次第に、会場から、大きな歓声と拍手が聞こえてきました。

「彼女」が地元・カナダ出身ということもあると思いますが、おそらく、予選では一番、大きな歓声と拍手が起こった瞬間ではなかったかと思います。

「彼女」は、何とか競技を「再開」することができました。

観客からの声援と拍手が、ますます大きくなってきました。

「再開」後の「彼女」の滑りは、素人の私から見ても、見事なものでした。

「彼女」は最後まで、しっかりと滑り切りました。

テレビに映る、競技を終えた「彼女」の表情は呆然といった感じでしたが、会場からは、「優勝」が決まったかのような歓声と盛大な拍手が沸き起こってきました。

非常に感動的でした。

最終的に、「彼女」の結果がどうなったかは分かりません。

もしかすると、競技を「再開」した時点で「10秒」を超えていて、すでに「失格」だったのかも知れません。

「失格」は免れていても、おそらく「予選落ち」になってしまったと思います。

でも、「彼女」が競技を「再開」し、必死にプレーを続ける姿、そして観客が盛大な歓声と拍手を送るシーンを観ていて、本当に重要なものは何なのかを考えさせられました。

競技の「勝ち負け」や「メダルの有無」、「決勝進出云々」ということが全てではない、「その時その時に、自分ができることを、必死になって、いかに心を込めてやり切るかの方が、もっと大切だ!」ということを、教えていただいたように感じました。

観客も、諦めずにプレーを続け、しっかりと最後まで滑り切った「彼女」の姿に、“自然と”歓声と拍手が出てきたのだと思います。

生長の家創始者・谷口雅春先生は、『新版 希望を叶える365章』で、次のようにお説きくださっています。

「何事がやって来ても、心を動揺させてはならない。
結局、悪しきものは存在しないし、悪しきものは我らを襲い来ることはあり得ないからである。
私たちの人生の行路は必ずしも平坦ではない。
しかし、平坦でないから足が鍛えられて健脚となるのである。
困難と見えるものは自己に内在する“無限力”を一層多く汲み上げるところのポンプ作用である。
・・・<中略>・・・人生の経験に無駄はひとつもないのである。

困難に挑戦することによって、“内在の力”は一層多く発揮せられることになり、自分の魂の能力のうち、まだ完全にみがかれていない部分を琢磨して輝かすことになるのである」
 (同書146頁より)


「彼女」の年齢は、まだ17歳だとのこと。

今回の「経験」を糧に、一層飛躍した「彼女」が、次回のオリンピックで見られそうです。

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ツイッター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ファンデーション 口コミ
ブログ内検索
最新コメント
[10/20 辻井映貴]
[03/15 てんこ]
[03/02 酒井幸江]
[02/10 高橋 久代]
[02/10 大段 務]
最新トラックバック
カウンター
プロフィール
HN:
近藤 慎介 (こんどう のりゆき)
HP:
性別:
男性
職業:
宗教法人「生長の家」本部職員
趣味:
自分を高めること、読書、サッカー、柔道、英語、認知科学など
自己紹介:
滋賀県出身

東京都在住

千年以上続く、真言宗(高野山真言宗)の寺院(岡山県)の家系に生まれる。

真言宗の僧侶である祖父(権大僧正)と伯父(大僧正)を持つ(ともに大阿闍梨)。

昭和前期に、父方の祖母と母方の祖父が生長の家に触れる。

母より生長の家のみ教えを伝えられ、青少年練成会(小中高生向けの合宿形式のつどい)に参加する。

大学卒業後、民間会社に勤務の後、平成18年5月に宗教法人「生長の家」本部に奉職する。

平成22年3月、本部講師を拝命、現在に至る。

平成22年7月、生長の家教修会(生長の家の学会)で、「今日の自然観(心理学の視点から)」についての発表担当を務める。


<マイツイッター>(ブログ形式)
http://twilog.org/Shingon_Sni



<人生の7つの目標>

1.自分の使命と役割を全うする

2.人間の差別を克服する

3.人類の飢餓を克服する

4.宗教・宗派間の融和を実現する
5.自然と人間との大調和を実現する

6.世界の永久平和を実現する

7.地上極楽浄土を実現する

Template by 楽楽楽生活(ららららいふ) 自宅でアルバイトしよう!/ Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]